Acai Cafe

アサイーと柔術のある暮らし
UFCジム指導の栄養学とは?

こちらにあるUFCジムで、ジム会員だけではなく一般参加が可能な、1日だけの「女性専用ストレングスクラス」があるとのことで行ってみました。

 

私は一斉にみんなでトレーニングをガンガンやるクラスと思って張り切って行ったのですが、いきなり椅子に座っての講義。

 

「痩せるためにはカーディオだけではなくストレングスのトレーニングも必要だ」

「ストレングストレーニングをしたからといってボディビルダーみたいなムキムキになるわけではない」

 

という、言ってみれば当たり前の話から始まりましたが、さすがはアメリカ。

 

先生がほとんど話してもいないうちから生徒からは質問の嵐(笑)

 

ま、「女性専用」ということで基本みんな「どうやったら効果的にさっさと痩せられるのか?」というものがベースにあっての質問でしたが。

 

それにしても講義の最後に「何か質問はありませんか?」と先生が言ってもシーンとなることが多い日本と違って、講義の最初から質問攻めで先生が自分の話に戻すのが大変、というアメリカンなクラス(笑)

 

それはさておき、結局ストレングスクラスと言いながら、「口に入れるものが何よりも大切」ということでした。

 

ただ痩せたいなら食事を減らすだけでいいけど、調子がいいまま痩せるというのは絶対に食事が大切と。

 

で、食べるものというのは、

 

1. タンパク質

2. 野菜

3. 果物

4. ナッツ&シード

 

とのこと。

 

炭水化物というのは野菜に含まれているので、米、パン、パスタなどは食べる必要なし。

 

というか、

 

「精製された炭水化物というのは一切栄養素がないのだから食べるな!」

 

とはっきり言ってました。

 

現代の栄養学はそっち系ですよね。

 

 

日本でも糖質制限が流行っていたみたいですが(今も?)、糖質制限というのは糖の代わりに良質の脂質を大量に摂って、エネルギーを糖に依存していたのを、人間本来の形であるケトン体に戻す、というのが主旨なはずなのに、日本ではネットで見ている限り、ただ単に炭水化物や砂糖という糖質だけを制限する、というものな気がしました。それはフラフラになるのでは?

 

いずれにしても、頭ではわかっていても炭水化物LOVEな私にとって、栄養学では最先端をいってるとは思えないUFCジム(失礼! でも食事に関して意識高い系の人が集まるとは思えない場所なので)ですら炭水化物はダメと言い切っていて、そろそろ本気で考えないといけないなぁと思った日でした!

 

 

 

 

ブラジリアン柔術、グレイシー柔術、MMA専門店 Quiet Warriorsオンラインストア

| maria | トレーニング & ケトルベル | 23:39 | comments(0) | trackbacks(0) |
GSPの運動、食事、トレーニング・ルーティンについて

3度もUFCウェルター級王者となり、ミドル級の王者にもなって2階級制覇したGSPこと、ジョルジュ・サンピエール。

 

 

コンディショニングの素晴らしさではダントツですね。

 

そんな彼の運動、食事、トレーニング・ルーティンに関するインタビューがありました。

 

<運動について>

自分よりも優れたレスラー、ボクサー、柔術家とトレーニングする。そうすれば練習が試練となり、そのおかげで向上する。同じ人と何度も何度も練習するよりもはるかにスキルがあがる。他のジムに行って練習する時は、彼らのゲームをする。David Zimmermanのような男とレスリングすれば敵わないけれど、実際の試合でテイクダウンのポジションに入ったら、自分が戦っている相手はDavid Zimmermanほどの男ではない。同じことがボクシングにも柔術にもムエタイにも言える。だからすべてのジャンルにおいてベストな人達と練習する。

 

<食事について>

出来る限りよい食事をするようにしている。普段は185ポンドで、試合の計量のために170ポンドにしないといけないから、4日間で15ポンド落とす。炭水化物と塩分を減らして、野菜とタンパク質を多く摂る。計量をパスしたら今度は反対のこと、つまり炭水化物を多く取って、体重を戻す。

好物はtourtiereというフレンチカナディアンの料理。減量中は食べれないのが残念だけど、試合後に食べる。母の手作りtourtiereが最高。

 

<トレーニング・ルーティンについて>

試合がない時でもトレーニングはしている。週に6日、1日2回のトレーニングセッション。ジムに行けば多くのトレーニングパートナーがいる。オリンピックに出場するような選手や、柔術のトップ選手など。どのタイプのトレーニングをするにしても、自分よりも上手い人とする。そうやって自分のスキルを向上させる。

自分の試合が近づいてきたら、例えば試合1ヶ月前になったとしたら、ボクシングだけとかレスリングだけのようなトレーニングはしない。もっとMMA寄りのトレーニングをする。つまりトレーニングパートナー達に来てもらって、すべてのトレーニング(キックボクシングやサブミッション、テイクダウンなど)をミックスするのだ。そうすれば試合で使える反射神経や勢いが培われる。メインの4つは、ボクシング、レスリング、ムエタイ、そして柔術。他にはスプリントやストレングス・コンディショニングもする。「タフなMMAファイターになりたいなら、何かのバックグランドが必要だ」

 

 

 

 

ジョルジュ・サン・ピエール Georges St. Pierre vol.2 ★教則DVD★

 

 

 

 

ブラジリアン柔術、グレイシー柔術、MMA専門店 Quiet Warriorsオンラインストア

| maria | トレーニング & ケトルベル | 10:03 | comments(0) | trackbacks(0) |
体重差の激しい選手

いやあ、暑いですね。

 

とはいっても南カリフォルニアの気候は日本の暑さとは比べ物にならないほど快適なんでしょうが(家にはエアコンもなく扇風機も年に数回しかつけない。移動はすべて車なので快適)、快適なのが当たり前ゆえ、身体がその快適さに慣れてしまい、ちょっとでも暑いとか寒いとかでダメダメ人間になります。南カリフォルニアでは20℃以下になったらみんな寒い寒いと大騒ぎ。30℃以上になったら暑い暑いと大騒ぎでございます。なんかめちゃ嫌味に違いない、笑。

 

さて、なんだかネット上でも私が取り上げる話題でも、体重だの体型だのに関する投稿が増えてる気がしないでもないですが、たぶん夏だからでしょう(笑)

 

ってことでまたまた減量に関する話です。

 

MMAの場合、前日計量がほとんどなので、その場合はとにかく水分を身体から抜き、計量が終わったらすぐさま水分補給します。多くの場合は点滴ですね。

 

が、USADAはUFCで水分補給目的に点滴するのを禁じています。なぜならこの方法だと試合当日は前日の計量時の体重よりも30〜40ポンド重くなっているからです。

 

おまけに身体のサイズ的には有利ではありますが、あまりに激しい減量をすると、筋肉の痙攣、頭痛、多臓器不全、そして死亡のリスクがあります。USADAが禁止するのも無理はないですね。

 

ということでUFCでは、UFC200から8%ルールというのができました。

 

試合の一週間前に体重がチェックされ、前日の計量時はそれよりも8%以下しか体重が減っていてはいけない、というもの。

 

これを不満と感じる選手は多いのですが、ONE Championshipの韓国人選手ヤン・ジェンビンが減量のせいで死亡したこともあり、このルールは多くの選手の命を救うことになるでしょう。

 

 

ではグラップリングの場合。

 

有名なのはレアンドロ・ロ。ロは76kgカテゴリーでも88kgカテゴリーでも試合しています。

 

最近ではCopa Podioの選手が大幅な減量をしています。パトリック・ガウジオは試合2週間前は90kg、 デヴィ・ハモスもディロン・ダニスも10kg以上減量し、試合は77kgで出ています。

 

昔の話では2005年。

 

ADCC2005でハファエル・ロバトJrは、師匠であるサウロ&シャンジ・ヒベイロの応援に行っていました。

 

 

ADCCは16人制で、代理選手が用意されています。88kgのカテゴリーに欠員が出たとき、ロバトに話が来ました。

 

ロバトはその時88kgというよりその上の99kgに近い体重だったのですが、たったの数時間で約9kg落とし、計量をパス!  

 

が、残念なことに翌日プロモーターが他の選手で穴を埋めたのでした。チャンチャン。

 

(続く)

 

 

 

スティーブ・マクセル Spartacus: The Workout ★教則DVD★

 

 

 

ブラジリアン柔術、グレイシー柔術、MMA専門店 Quiet Warriorsオンラインストア

 

| maria | トレーニング & ケトルベル | 08:30 | comments(0) | trackbacks(0) |
クロスフィット版クリスマスツリー
今日アメリカはクリスマスイブ、明日がメインのクリスマスです。

近所のクロスフィットのジムの横を通りかかったら、こんなツリーが見えたので、思わず車を止めて写真を撮っちゃいました。



さすがクロスフィット!

いろいろな大きさのタイヤでツリーを作ってます。

これはいいセンスだなぁ。

ジムの外にはこんなロープも。



ということで、メリークリスマス!


Acai Cafe 目次
ブラジリアン柔術、グラップリング、総合格闘技専門店
| maria | トレーニング & ケトルベル | 10:05 | comments(0) | trackbacks(0) |
クロン・グレイシー トライアスロン4位
数日前にニック&ネイト・ディアス兄弟とクロン・グレイシーのトライアスロンの記事を書きましたが、この3人がXterra Tahoe Cityに出場しました。



クロン・グレイシーは25〜29歳の部門で4位

ネイトは30〜34歳の部門で8位

ニックは30〜34歳の部門で9位


という結果でした。

弟ネイトは兄ニックに勝ちました♪


ちなみにトータルの時間は、


クロンは3時間43分35秒

ネイトは3時間43分37秒

ニックは3時間46分27秒


ってことで出場した年齢カテゴリーは違いますが、クロンとネイトはたったの2秒差だったのですねぇ。

結果はここに→http://adventuresportsweektahoe.com/wp-content/uploads/2016/06/xtcage16.htm

これを見てみると、25歳〜29歳部門の1位は2時間54分3秒、30〜34歳部門の1位は2時間40秒19秒と、まったくの桁違い!

しかし、トライアスロンのことは今までまったく知りませんでしたが、優勝者だけでなく他の人のタイムを見ても、25歳〜29歳より30〜34歳の方がレベルが高いというか、参加者が多い?のですね。

ネイトは8月20日に行われるUFC202でコナー・マクレガーとの再戦を控えています。楽しみ!


Acai Cafe 目次
ブラジリアン柔術、グラップリング、総合格闘技専門店



| maria | トレーニング & ケトルベル | 07:30 | comments(0) | trackbacks(0) |
ブルース・リーのエナジードリンク
ネタのない日はこんなネタ。

この間スーパーで見つけたエナジードリンクなんですが、、、


なんとなんと、、、、


ブルース・ティー!!





素敵なセンスです(笑)


Acai Cafe 目次
ブラジリアン柔術、グラップリング、総合格闘技専門店
| maria | トレーニング & ケトルベル | 15:11 | comments(0) | trackbacks(0) |
スティーブ・マックスウェルのノマド生活
スティーブ・マックスウェルのノマド生活の続きです。


今は荷造りは10分でできるそうです。



「目的地についてまず最初にすることは、トイレタリーをカバンから出すこと。そしてタイムゾーンをリセットするために散歩に行きます。

もうひとつおススメなのは、飛行機に乗った時から目的地のタイムゾーンに合わせることです。食事も目的地の時間に合わせて、必要なら一食抜いたり、または余計に食べたりします。それから機内ではできるだけ寝るようにします。「State of Brainwave Mediation」を聞いていますが、これは本当におススメです。iTunesで購入することができます。文字通り脳波をゆっくりとさせ、眠いモードにしてくれます。ガールフレンドは違うものを持っていて、彼女のものは時差ボケに効くものです。

以前はメラトニンを摂取していましたが、今はサプリは摂らないようにしています。神が作った新鮮な野菜や果物を摂っています。世界中どこにでもありますし。」


「旅行中に落ち込むことはありませんか?」という質問に対しては、

「十分に寝られないときは機嫌が悪くなる時もあります。しかしよくない時はめったにないのですから、調整するだけです。

フライトを逃してしまったことは一度だけありますが、フライト自体がキャンセルになったことは一度もありません。そのようなことで動揺してはいけません。常に冷静で、抵抗するのではなく流れに身を任せます。」

「我々は必要な時に必要なものが見えるという力を持っていると思っています。恐怖に飲み込まれてはいけません。
私はポジティブなアファーメーションを信じています。思考は体験に影響します。
しばらくゆっくり落ち着くことも大切です。しかし1週間かそこらしたら退屈になってしまい、また起き上がって前に進みたくなるのです。」

「私にはガールフレンドがいて、一緒に旅行するには最高です。旅は彼女の夢でした。私が望んでたよりも彼女の望みの方が強かったでしょう。冒険が好きで、とても勇敢、恐れることはありません。テレサがいなかったら旅はとても孤独で、こんなにも旅を続けていなかったでしょう。」



旅をしながらビジネスを続行するためのガジェットは?という質問に対して、ガールフレンドはMacBookAir、スティーブ・マックスウェル本人は最新のiPadだそうです。コンピューターのない時代に育ったため、初めてラップトップを買ったのも50代の時だそうです。初めてケータイを持ったのは52歳の時。iPadがいいのはタイピングスキルがいらないからで、指2本でできるから、と。ノン・テクニカル・ジェネレーションにとってアップルの製品は使いやすくていいようです。



「昔していたような生活に戻って家を購入したりしたいと思いますか?」という質問に対しては、「それは絶対にない」とのこと。一度進めばもう後戻りはない。過去は忘れる。そんなものは存在しない。それはただの脳内での化学反応だ、と言い切ります。人間は自分で選択した記憶を残しており、過去のことで覚えていることというのは、自分が思っているように起こったわけではない、と。

今を生きていて、向いている方向は未来。

離婚のようなトラウマになるぐらいのこともあり、離婚の後で無理矢理ミニマリストになったけれど、「それというのは自分のルーツに戻るようなものだった。昔からずっとミニマリスト生活が好きだったけど、結婚してからもっともっとと思うようになっていった。向いていなかったんだね。するべきではなかった。多くの人も幸せいっぱいに暮らしているわけではないのだろう。人は今や物を所有し、多くのお金を稼ぐことが幸せへの道ではない、と気づき始めている。」




記事内容のすべてではありませんが、こんな話でした。

いやー、前からスティーブ・マックスウェル好きだったけど、これからは人生の師匠といってもいいぐらいさらに好きになった!!


・・・と、この記事に夢中になった私は、ただ今フランス&ベルギー一人旅中なのでした!



Acai Cafe 目次
ブラジリアン柔術、グラップリング、総合格闘技専門店

| maria | トレーニング & ケトルベル | 18:29 | comments(0) | trackbacks(0) |
スティーブ・マックスウェルのノマド生活
スティーブ・マックスウェルのノマド生活の続きです。


まずは、旅行に持ち運んでいるフィットネス用具に関して。

携帯しているのは、クライミングのコードから手作りしたサスペンションデバイス。アイソメトリクスをするのに使うんだそうです。木に吊るして懸垂をしたり、自重での引く運動(ローイング)もできます。

それ以外の運動、スクワットや腕立てなどは自分の体重を使ってできます。

今も片足スクワットや片手腕立てもできるから、自分の体重で十分だそう。

懸垂はなかなか難しいのですが、懸垂ができるような木の枝などがない場合、公園にある子供用のブランコや部屋のドアににサスペンションデバイスを引っ掛けて、斜め懸垂などをします。

旅行に最適なポータブルデバイスで、これがあればトレーニングするために高価な器具などはいらないと言っています。



スティーブ・マックスウェルもともと若い頃からミニマリストだったそうで、70年代にはミニマリストだったりそうじゃなかったりの繰り返し。70年代には約1年森の中にあるインディアン・ティーピー(アメリカインディアンが暮らす家) に暮らしていました。長年自分にとってのルールというものがあるのですが、「15分で自分の持ち物すべてを荷造りできないならそれは持ち過ぎ」というもの。当時車があって、15分で車に荷物を積み終えることができました。場所を取っていたのは本。本がとにかく好きだったそうです。

結婚して子供ができたら、マテリアリスト(物質主義者)になりました。おもしろいのは、物が増えてマテリアリストになると、体も太っていったそう。増えるという考え方により、体も脂肪を増やしていったのです。これは何度も何度も経験したそうです。

フィラデルフィアのいいエリアに2階建ての家を持っていました。また2階建てのジム(1つの階は柔術スクールで、もう1つの階はパーソナルトレーニングの階)も持っていました。

そして離婚をし、ビジネスを売りました。

それから、それまでアメリカ中を移動するのに使っていたキャンピングカーに住み始めました。アメリカ中を運転しながら生活するのが当時のトレンドだったそうです。

「そのキャンピングカーにはいろいろなものがついていました。プロパンバーナーのある小さいキッチン、コンロ、シンク、タンク、シャワーのある小さなバスルーム、冷蔵庫、そして運転席の上には寝るためのロフトもありました。夜には窓を開け、星を見ながら眠ることができました。そんな暮らしが楽しくて、アメリカ中を回っていました」だって、くーーーーっ!! 憧れるーーーー!!Σ(゚∀゚ノ)ノキャー

ワークショップのために旅行することがさらに増え、そのキャンピングカーは必要がなくなってしまい、今はアメリカにある倉庫に入れているそうです。

使っているパックは、最初90Lのキャスター付きのバッグだったそうですが、いらないものありすぎ!と気づいて物を減らし、65Lの背負えるものに。そして今は45LのTom Bihnのもの。2年かけて物を減らしていきました。それでもいらないものがまだ多いと言います。持っていると素敵なものでも、使ってないならそれは持ち運ぶべきでないと。物が豊富な世界では、必要なものが明らかになっていくのだと。



シンプルライフが好きで、できるだけアクティブにしているそう。そのために欠かせないのは「FitBit」。

このインタビューがあったのは午後4時頃だったそうですが、すでに13000歩歩いていたそうです。

アクティブを心がけてる人が13000歩なんだ?と思うかもしれませんね。日本人はたぶん通勤で相当な距離を歩くのでしょうが、アメリカは車社会なので意識しないと本当に自分の足で歩かないのです。だからジムで走らなければ1000歩すらいかない(?)生活になります。

この FitBitは心拍数も測定。

それからVPNを使ってスポーツなども見ているそうで、世界のどこにいても見たいものを見ているそうです。

ミニマリストで健康に気を使い、前よりも強くなったように感じ、調子が悪くなったこともないそうです。毎日生野菜をボウル一杯食べるのだとか。

一つの街にはだいたい1週間から2週間滞在。2週間だと長いほう。しかし毎年3〜4週間マウイとハワイで過ごし、4〜5週間シドニーで過ごしているそうです。

旅行をつなげるようにしていて、一つの場所でセミナーをするなら、その近辺でもセミナーをいくつかするようにしています。そうすれば長時間のフライトを避けることができるので。



「時には避けることができなくて14時間飛行機に乗ったりもします。なのでそのような時にはビジネスクラスにしてゆっくり休めるようにします。高価ではあるけど、機内でゆっくり寝られると到着したときにリフレッシュできているからです。余分に払っただけのことはあります。特に到着後すぐにワークショップがあって、エネルギー満タンにしておかなければならないときは。いずれにしてもそれはビジネスの経費なのですから。」


続きます。次回が最終回!



Acai Cafe 目次
ブラジリアン柔術、グラップリング、総合格闘技専門店

| maria | トレーニング & ケトルベル | 00:50 | comments(0) | trackbacks(0) |
スティーブ・マックスウェルのノマド生活
昔はバックパックを背負って一人旅をしていた私ですが、海外に定住するようになってすっかりそういう生活から遠ざかっていました。が、最近またそういう生活がしたいなーと思い始め、去年ぐらいからノマド生活についていろいろネットで検索していました(愛する犬猫がいるから結局ノマドはできないのですが、憧れとして。。)

すると、海外のノマドサイトで出てきたのが、なんとスティーブ・マックスウェル!!(「マクセル」と表記はどっちが他正しいのか?とりあえずマックスウェルで統一)



スティーブ・マックスウェルは古くから柔術黒帯ですが、フィラデルフィア近郊で昔柔術を始めた人は、ほとんどの人がスティーブ・マクセルから習ったことがある、というぐらい、まだ東海岸に柔術スクールをがほとんどなかった時代から指導していました。

息子のザック・マックスウェルも、元妻のDCマックスウェルもどちらも柔術黒帯。

このファミリーは何度もアサイーカフェに登場しております(笑)

が、それよりもスティーブ・マックスウェルはケトルベルやフィットネスでの方が有名かもしれませんね。

そんなスティーブ・マックスウェルは現在63歳だそうですが、世界を転々とするノマド生活を送っているそうです。

この記事を見つけた瞬間私は食い入るように読んでしまったのですが、最初はアサイーカフェに書こうとは思っていなかったのです。が、日本でもノマドは流行っているらしいし(?)、興味のある方もいるかも、と思ってご紹介します〜




スティーブ・マックスウェルは63歳のフィットネスインストラクターです。過去には家もジムも車も持っていましたが、ミニマリストになりました。今は世界のどこからでも自身のオンラインフィットネスの会社を経営し、所有物のすべては45Lのバックパックに入っています。

・・・と、そこからそのバックパックの中身の話になるのですが(軽いのに防寒用に最高なジャケットとか)それは置いておくとして、次に世界を移動しながらの彼のビジネスのやり方に続きます。



スティーブ・マックスウェルの仕事ですが、オンラインのパーソナルトレーニング、ダイエットプログラムをしているそうです。世の中にはたくさんの情報がありすぎ(間違った情報も)、それでわからなくなってしまっている人のためのプログラムだそう。

マックスウェルは現在63歳で53年間トレーニングしているそうです。半世紀以上!

情報過多で混乱している人は別に対面での一対一のトレーニングが必要ではないので、彼らがマックスウェルにトレーニングログを送り、それを定期的にマックスウェルがアップグレードして指導しているそうです。

またダイエットプログラムでも、多くの人を痩せさせ、フィットにする指導もしています。顧客は、子供のいる母親からビジネスマン、そしてハイレベルの運動選手までいろいろです。

もうひとつの収入源は、ワークショップとセミナー、それからダウンロードできる商品をウェブサイトで販売しています。それゆえに過去7年間世界を旅しながらビジネスを続行できているのです。



セミナーを企画するにしても、行きたくないところは行かない主義。−30℃の地域などは行きたくないそうです(そりゃそうだ)




続きます。。



Acai Cafe 目次
ブラジリアン柔術、グラップリング、総合格闘技専門店
| maria | トレーニング & ケトルベル | 17:10 | comments(0) | trackbacks(0) |
シックスパックバッグとは
サプリショップに入ると、こんなものが売っていました。



アメリカでは有名な「シックスパックバッグ」です。

外から見るとシックスパック(つまり割れた腹筋)のデザインになっています。

私もこのバッグのことは知っていましたが、実物を見るのは初めてなので、うれしくて中を開けて写真撮っちゃいました。

これはミールマネージメントをする人のためのバッグなのですが、まず上の部分がサプリを入れられるようになっています。





横はプロテインのシェイカーなんかを入れ、



真ん中は段が分かれていて、3食分入れられるようになっています。



アメリカでフィットネスに気を使う人は、ミール・プリパレーション、つまり主に週末に1週間分のお弁当を作ってしまう人が結構います。それ専用のレストランもあるぐらい。

そうすると必ずそれを食べるので、その辺でハンバーガーを食べてしまったり、お腹空いたからといってお菓子を食べてしまったりなどはしなくなるわけです。

カロリーや栄養素の計算もした上で作るので、とってもヘルシー(らしい)

このようにボディビルダーはもちろん、運動選手や、フィットネスに気を使う人はミール・プリパレーションをしているのですが、その場合にこのバッグはすごく便利!

試合前なんかに、減量中だけどパフォーマンスに影響するのでしっかりと栄養は補給したい人なんかにもいいですね。

私もこういうのを見ると自分用にとっても欲しいのですが、家で仕事してるから必要ないんですよね・・・でも欲しい!(笑)

(ちなみに興味のある方、ショップの方にお問い合わせください〜)



Acai Cafe 目次
ブラジリアン柔術、グラップリング、総合格闘技専門店




| maria | トレーニング & ケトルベル | 00:53 | comments(0) | trackbacks(0) |


このページの先頭へ