Acai Cafe

アサイーと柔術のある暮らし
カッコよくて、見たらやる気が出る! クロン・グレイシー動画

なんだかもうめちゃくちゃいいなーと思える動画。

 

クロン・グレイシーの去年の動画なのですが、南カリフォルニアからハワイ、東京と、クロンの人生が詰まってる感じの4分ちょっとの動画です。

 

トライアスロンしたり、ボクシングしたり、日本でのMMA試合あり、ハワイの山をトレッキングやら、カリフォルニア・ベニスビーチでスケボーしたりと、クロンのやってることハイライト動画みたいな。

 

が、柔術だけが入ってません。なんで? 意図的に? でもなんかこれ見ると、よくわからないやる気が起こってきます(笑) そういう動画ってありますよね。インスピレーショナルでモチベーショナル。

 

映像の作り方もめちゃくちゃかっこよくて、練習前などに4分ほどさらっと見てジムに行くと、クロンな気分でトレーニングできるかも(「かも」です、笑)

 

コアな人はこれ見て、「あ、クロンが◯◯のシューズ履いてる」とか注目して、同じもの買っちゃったりするのでしょうか(笑) 

 

私は映像見て、「あ、これはあそこだ」とか場所を見ちゃいますが(自分がよく行くところも出てくるので)

 

「人生で最も大切なことのひとつは、直感、つまりどう感じてどう思うかということと、何をするか、自分をどう表現するかを結びつけることができるようになることだ。誰もが絶えずこれで戦っているのだと思う。」  by クロン・グレイシー

 

 

 

 

 

ブラジリアン柔術、グレイシー柔術、MMA専門店 Quiet Warriorsオンラインストア

| maria | 柔術 & グラップリング | 10:22 | comments(0) | trackbacks(0) |
ビットコインで試合賞金を支払う!

私ったら前回「グラップリング大会は違法! 参加者は逮捕!な話。」の最後で、「続きます」とかいいながら4日も放置?(汗)

 

ということで、去年の2月、カナダのモントリオールで賞金が出るグラップリングの大会が禁止され、試合参加する人は逮捕!などと警察から通達されてしまいました。

 

それを受けて、去年6月、GSPのホーム、TRISTARジムのオーナーであるFiras Zahabiが考案したのは・・・

 

 

「賞金をビットコインで支払う」

 

 

ということ!!

 

 

ZahabiはPure Victory Championshipというグラップリング・リーグを立ち上げました。

 

これはオンラインのリーグで、サブミッションオンリー、時間無制限。

 

グラップリングの動画をアップすることは違法ではない → オンラインでの試合

 

ということらしいです。

 

そして、

 

賞金を出すのはダメ → ビットコインで支払う

 

だそうな。

 

このZahabiはもともとビットコイナーであるためビットコインを多数保有しているらしい(つまり今はもう大金持ち!)

 

カナダではビットコインは「デジタル通貨」ではなく「デジタル商品」なんだそうです。 なので「お金」でも「通貨」でもない。

 

参加者が試合に出てTシャツ(という商品)をもらうことはよくありますが、それと同じ。ビットコインという商品をもらうのです。

 

●Pure Victory ChampionshipのYoutubeチャンネルはこちら

 

今まで12エピソードあるようです。 エピソード1の最初と最後だけ(←笑)見てみましたが、この勝者は100ドル分のビットコインをもらったそうです。

 

この試合が開催されたTRISTARジムにはビットコインのATMが置いてあったから、勝者は現金化したかったらそれでも簡単にできるということですね。

 

 

賞金ありのグラップリング大会を禁止するなんて、そもそもバカげた話ですよね。UFC開催がよくて、なんでダメなんだ!

 

 

ブラジリアン柔術、グレイシー柔術、MMA専門店 Quiet Warriorsオンラインストア

| maria | 柔術 & グラップリング | 05:18 | comments(0) | trackbacks(0) |
グラップリング大会は違法! 参加者は逮捕!な話。

去年の2月に起こったことなんですが、柔術界ですごく話題になったこと。

 

それは、「カナダのモントリオールで賞金が発生するグラップリングの大会が違法行為となった」ことです。

 

2月26日にモントリオールで「Canada Pro Jiu Jitsu Championships」という大会が行われる予定だったのですが、その直前になって主催団体であるCanada Pro Jiu Jitsu CommitteeとUAE Jiu Jitsu Federationが大会の開催延期を発表。

 

 

どうしてかというと、競合の2団体がいろいろ揉めたらしく、その片方の団体がもう片方の団体について警察に苦情を入れまくり、なんだかよくわかってない警察が、それだったらグラップリングの大会自体を禁止してしまおう!ということになってしまったらしい。

 

コンバットスポーツはカナダの刑法で規制されています。

 

アマチュアレスリングや柔道は合法なのですが、「賞金が出るファイト」は禁止。

 

賞金が出るファイトとは、「事前に計画されその目的のために出会った二人が拳、手、足を使って戦う」ことだそうな。つまりは打撃ありの試合ってことですね。

 

グラップリングの大会では賞金は出ますが、拳などを使って殴り合ったり蹴ったりということはないのに、大会主催側はその旨を何度説明してもわかってもらえなかったそうな。

 

どうも伝統的な柔術と、ブラジリアン柔術を勘違いしているんじゃないかという話。

 

いずれにしても、モントリオール市警察は、トーナメント参加者を逮捕する旨を大会側に告知。

 

それだけでなく、裁判所で訴追することを意図しているとも!

 

ということで主催側は大会をキャンセルせざるを得なかったのです。

 

が、その直後、モントリオールがだめならよその州で!ってことで、2月26日の大会はキャンセルしましたが、3月5日に首都オタワで行ったそうです。

 

 

ということなんですが、UFCは開催しているモントリオールなのに、なんでただのグラップリング大会が禁止??という、よくわかんない話です。

 

でも、それに対して、TRISTARジムのオーナーが対抗策を打ち出しました。

 

 

・・・ってことで、続きます。

 

 

ブラジリアン柔術、グレイシー柔術、MMA専門店 Quiet Warriorsオンラインストア

| maria | 柔術 & グラップリング | 00:32 | comments(0) | trackbacks(0) |
カイオ・テハもセミナーのギャラ未払いの被害者だった

ヘナー・グレイシーのセミナー代金未払いに関して前回書きましたが、セミナーをやってひどい目にあったのはヘナーだけではなかったようで、2014年にカイオ・テハがそんな経験をしていて、それを当時書いていました。

 

(caioterrabjj.com)

 

「俺はこういうことを書いたりは普段はしないんだが、今回は公表しないといけないと思った。俺が初めての被害者じゃないから特に。

 

俺は長年世界中でセミナーをやってきている。

 

セミナーはすごくいいものだけど、簡単なことではない。

 

というのも家族から離れて他人と一緒に過ごすことになるし、たとえどんな気分であろうと私生活で何があろうと、プロフェッショナルでなくてはならない。

 

セミナーに関しては他の人からひどい話をたくさん聞いたけど、自分に関しては運が良かったと言える。俺が会った人はみんなすばらしい人達だった。

 

が、その運もドイツで尽きた。

 

ドイツで多くの人が集まったセミナーを何度かやった後、セミナーの運営者は最初に決めていた金額を俺に払わなかった。

 

たとえ最初に決めていた額を俺に払ったとしても、彼はかなりの利益を得ることになっていたのにだ。

 

どうして半分しか払ってくれないのか聞いたら、言い訳をしはじめ、俺のことを欲張りだの、俺はラッキーだと思うべきだだのと言い始めた。

 

俺はもうそれはそれで前に進もうと思った。

 

が、その後その場にいた黒帯達が変な話を聞いたと俺に連絡してきた。

 

そいつは、俺が飛行機に乗り遅れたから、飛行機の変更手配をするのにその金を使ったとかいう話をしていたらしい。

 

ちなみに俺は乗り遅れていない。

 

金の問題はさておき、俺がこのことを書こうと思ったのは、それが原因じゃない。

 

そいつはそのセミナーに来ていた他の黒帯達と提携しようとしていた。 自分をカイオ・テハの茶帯だと言って!

 

俺が個人的にそいつに誰の茶帯なのか聞いた時には、ドライズデールだと言っていた。

 

ドライズデールは俺の友達だからケータイでメッセージを送ったら、彼はこの男のことについてよく文句を言われて困っているとのことだった。

 

そしてドライズデールもそいつに茶帯をあげていなかった。

 

ドイツのみんな、ダン・ソトに気を付けろ。

 

奴はトーナメントを主催していて、とても胡散臭い奴だ。

 

奴は俺の茶帯でもないし、ドライズデールの茶帯でもないから、みんな騙されないように。

 

ダンはマーシャルアーティストとしての面目を保ち、正直になるべきだ。

 

他人をバカにするやつがバカだ。

 

みんな、これをシェアしてほしい」

 

とのことでした。

 

不思議なのは、どうしてセミナーをやっておいてギャラを支払わないなどということをするのだろうか?

 

人が集まらなくて払えないとかならまだ理由になるけど(それでも払わないのは許されることじゃないけど)、セミナーにたくさん人が集まって大成功して、お金がたくさん入った。

 

でもそのお金をだまし取ったりしたら、信用を失い、次からその人やその話を聞いた人はそのアカデミーにセミナーには来てくれませんよね。

 

次からもセミナーに来てくれたほうがどう考えてもいいのに、どうしてなんだろう? 目先のお金に目がくらむのか?

 

それに、誰かに帯をもらったとか、そんなすぐにバレる嘘をどうしてつくのだろう??

 

うーん、不思議だ。

 

 

ブラジリアン柔術、グレイシー柔術、MMA専門店 Quiet Warriorsオンラインストア

| maria | 柔術 & グラップリング | 14:26 | comments(0) | trackbacks(0) |
ヘナー・グレイシーのセミナーのギャラは一体いくら?

年明け早々ヘナー・グレイシーが、自分が数ヶ月前にセミナーを行った道場のオーナーについて、「あいつには気をつけろ!」の動画を発表しました。

 

 

カナダにあるスクールで、1日に2時間ずつのセミナーを4つやる、というのを、今や時の人ブライアン・オルテガと開催。

 

ブライアン・オルテガは年末のUFC Fight Night123でメインをつとめ、あのカブ・スワンソンと対戦。

 

相手がカブ・スワンソンなら話にならないでしょ〜と思っていたのに、なんとギロチンでスワンソンがタップアウトという衝撃的な結末。

 

年末の忙しい時期、ガラガラの夜のジムで1人見ていた私は(←え、私って寂しい人?)、思わず飛び上がって叫びましたよ(笑)

 

それはさておき、そのブライアン・オルテガとヘナー・グレイシーがカナダでやったセミナーのギャラが支払われてないということで、ヘナーが動画投稿。

 

気をつけろと言われたアカデミーオーナーであるクリス・ロビンソンは、それについて否定しており、「ヘナーの話は本当じゃない。問題があったけど、もう解決している」「物事には両面がある。ヘナーには支払った。」などとコメントしています。

 

ということは、単純に払った、払ってないという問題じゃなく、なにか他の問題がありそうですね。

 

柔術界の金の亡者として名高い、父ホリオン・グレイシーのビジネスセンスを唯一引き継いでいる息子ヘナー。

 

だから嫌だという人も多いですが、私は「人をハッピーにしながら大金をガンガン稼いでいく」という彼らのスタイルは好きです。

 

セミナーをやってギャラが支払われないというのは許されないことで、同じようにメタモリスを開催して選手にギャラを支払わない弟ハレックのことも、「弟に気をつけろ」と以前皆に注意を喚起していましたね。

 

*ヒーロン&ヘナー、ついにハレックを見放した!

 

自分に払わないのは許さないけど、弟が皆に払わないのはOK、というスタンスじゃないから、ちゃんとフェアに感じます。

 

 

さて、その未払いのセミナーのギャラがいくらかというと、、、 1万ドル(113万円)超えだそうです。

 

1日で1万ドル!?と思うと高いけど、2時間のセミナーが2500ドルということなので、そう考えると安いですよね。

 

今までもヘナーはこういった1日4回セミナーというのを日本や他の国でもやっていましたが、 ギャラは1万ドルちょっとだったということがわかりました(笑)

 

ヘナーを呼びたいアカデミーオーナーさん方、参考までに♪

 

 

 

ブラジリアン柔術、グレイシー柔術、MMA専門店 Quiet Warriorsオンラインストア

| maria | 柔術 & グラップリング | 02:37 | comments(0) | trackbacks(0) |
ゴードン・ライアン vs ハレック・グレイシー完全動画

先日行われた、一応メタモリスでありながら他の試合がないメタモリスのゴードン・ライアン vs ハレック・グレイシー。

 

 

動画が上がっていました。

 

「黒帯が青帯とスパーしてあげてる」的な動画をどうぞ!(笑)

 

 

それにしても本来この大会(というか1試合だけど)は、過去の選手たちに負債を返済するためだったはず。

 

観客がこれだけでPPVもやってなくて、どうやって返済するのだろうか?

 

まあ場所は自分の家族のアカデミーだから場所代は無料だとして経費は一切かかってないにしても、見てる人がこれだけってのは・・・

 

85ドル、100ドル、125ドルという、1試合見るだけなのに超高額な入場料(ゴードン・ライアン vs ハレック・グレイシーが11月26日に決定!)払って見た人はそんなにいないだろうし、いたとしてもその入場料は ゴードン・ライアンにファイトマネーとして支払っただけで終わった的な? 他の選手に払えない上、自分と世界のトップとのレベルの差をはっきりさせただけだったら、一体なんのための試合だったのか・・・

 

ということで先週末余裕勝ちしたゴードン・ライアンですが、今週末はテキサスでEBI14の無差別級トーナメントに出場。

 

彼にとっては先週のはほんの余興、ただのウォームアップだったってことみたいですっ。

 

 

ブラジリアン柔術、グレイシー柔術、MMA専門店 Quiet Warriorsオンラインストア

| maria | 柔術 & グラップリング | 01:28 | comments(1) | trackbacks(0) |
ゴードン・ライアンはハレック・グレイシーを宣言通りに極めたのか?

本日トーランスのグレイシーアカデミーにて、「ゴードン・ライアン vs ハレック・グレイシー」が行われました。

 

どちらが勝つかというのはもう最初からわかりきったことなのですが、何分でどうやって勝つかというのがこの試合のテーマ。

 

ゴードン・ライアンは、「試合開始後10分〜18分でトライアングル系かアームバー系」と宣言していました(こちら

 

その極める時間は後に「10分〜18分」ではなく「10分〜12分」に変更していたそうです。

 

で、実際はどうだったかというと・・・

 

 

試合開始後10分25秒、リバーストライアングルで勝利!!

 

 

宣言通りで怖いです。 時間も技も宣言通りにできてしまうぐらい、レベルの差が明らかってことなんでしょうね〜

 

勝ったゴードン・ライアンは、ハレック・グレイシーに対して、「時間無制限の試合を受けてくれてありがとう(ほどんどの人には断られる)」と書いていました。

 

そして「ハレックは支払うべき額をきちんと払ってくれた」とも!(笑)

 

 

 

ブラジリアン柔術、グレイシー柔術、MMA専門店 Quiet Warriorsオンラインストア

| maria | 柔術 & グラップリング | 15:19 | comments(0) | trackbacks(0) |
柔術歴70年記念で白帯!

大物たちの帯昇格です。

 

まずはフラヴィオ・ベーリンギ

 

最高段位である9段赤帯なのですが、80歳になり、柔術歴が70年になったということで、また白帯に戻ることに!

 

白帯は白帯でも、「白帯+赤タグ」です。

 

 

柔術歴が70年って!!

 

それからデラヒーバガードを作ったヒカルド・デラヒーバは7段コラル帯、つまり赤黒帯になりました。

 

9段赤帯であるヘイソン・グレイシーとホブソン・グレイシーがデラヒーバに帯を授与。

 

セレモニーの会場には弟子であるアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラもお祝いにかけつけ、ホイラー・グレイシー、ヒカルド・リボーリオ、元UFC王者のアンデウソン・シウバなどがビデオメッセージを送ったそうな。

 

A post shared by FloGrappling (@flograppling) on

 

 

なんか上のレベル過ぎてすごさがよくわかりませんが(笑)、おめでとうございます!

 

 

ブラジリアン柔術、グレイシー柔術、MMA専門店 Quiet Warriorsオンラインストア

| maria | 柔術 & グラップリング | 01:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
ゴードン・ライアン vs ハレック・グレイシーが11月26日に決定!

以前こんな記事を書きましたが、

 

ゴードン・ライアンがハレック・グレイシーを極めるのは、何分でどんな技?

 

ゴードン・ライアンがチャレンジを受け、この試合が組まれることが決定しました。

 

11月26日にグレイシーアカデミー(古い方のロケーション)にて。200席のみだそうです。

 

 

時間無制限のサブオンリー。

 

というか、チケット代は85ドル、100ドル、125ドルって! この二人の試合を見るためにそんな大金払えませんわっ。いくらこのお金が今まで支払いがされてないメタモリスの選手に行くとしても。

 

ゴードン・ライアンは、「試合開始後10分〜18分の間に、トライアングル系の技か、アームバーのバリエーションで極める」と言ってます。

 

ハレック相手なら、足関使わなくても勝てるってか!?  まあ、そうだろうな(笑)

 

https://www.eventbrite.com/e/metamoris-challenge-gracie-vs-ryan-tickets-39294742633

 

 

ブラジリアン柔術、グレイシー柔術、MMA専門店 Quiet Warriorsオンラインストア

| maria | 柔術 & グラップリング | 09:12 | comments(0) | trackbacks(0) |
ヒーロン・グレイシーの妻が子供用柔術本を出版。子供用ダミーもある!

ヒーロン・グレイシーの妻であるビクトリア・グレイシーが、子供用の柔術本を出版します。

 

タイトルは「Kip and the Magical Belt」。

 

 

Kipという小さな男の子が学校でいじめを受けますが、勇気もなくどうやって自分を守るかもわからず。そこから柔術に出会って成長していく物語だそうな。 いじめに対してどうやって予防・対処するかをディスカッションする、親用のページもあるそうです。

 

 

値段は本だけの場合は$24.95。

 

本とクマのぬいぐるみのセットもあります($79.95)

 

 

と思ったら、実はこの大きさで、

 

 

ぬいぐるみではなく、グラップリングダミーをかわいらしくクマにしたものらしい!

 

手足を動かしたりして関節技かけたりコントロールしたりできるようになっていて、こんなふうに使うためのものだそうです。

 

 

絵本の中にも子供用に技術の解説が。

 

 

奥さんのビクトリア・グレイシーはこんな人↓

 

 

元プロのダンサーで、結婚以来というか子供ができて以来というか、子供の教育分野に力を注いでいます。

 

それにしてもこちらの女性はどうして化粧すると実物よりもきれいじゃなくなるんだろうか? ヘナーの奥さんのWWEのディーヴァ、イヴ・トレスも、化粧してももちろんキレイですが、すっぴんはもうありえないほど美しく、衝撃を受けたことがあります。

 

 

本は現在予約受付中。 こちらから→https://magicalbelt.com/

 

 

 

 

子供の柔術(いや、大人が見ても十分勉強になります)、いじめ対策にはこれ必見!↓

 

 

【グレイシー柔術】 Gracie BULLYPROOF® DVD Collection ★教則DVD全11巻セット★

 

 

ブラジリアン柔術、グレイシー柔術、MMA専門店 Quiet Warriorsオンラインストア

| maria | 柔術 & グラップリング | 12:58 | comments(0) | trackbacks(0) |


このページの先頭へ